お金がいる

お金がいる理由は様々ですよね!

お金が急にいるときってありますよね!

 

その理由は様々ではあるでしょうが、あなたが今急にお金がいる
理由は何か買いたいからですか?借金の返済のためですか?
それともパチンコやその他のギャンブル他、風俗などに行きたい
からですか?

 

このようにお金がいる理由はあると思います。

 

また、あなたがお金がいる金額はいくらですか?1万円、2万円、
3万円5万円?それとも10万円ですか?

 

このように人それぞれ、お金がいる額も様々ですよね!

 

1万円や2万円なら、身近な人から借りるという選択肢もある
とは思いますが、ただ、それだけはやめた方がいいです、いくら
少額でも!!

 

あなたがちゃんと返済をしたとしても、相手としては「あいつにお金を貸してやった
という事実はこの先ずっと相手の記憶の中に残りますから。

 

そんな負い目を感じながら生きていくのも嫌じゃないですか?

 

そんな負い目を受けるくらいなら、そんな時は身近な人に頼るのではなく、
個人向けのローン会社やちゃんとした業者にサッと借りた方が利口であり、結果的には
いいと思います。

 

後で詳しく説明しますが、2010年6月に貸金業法が改正されて以来、利息も決して
高くなく、むしろ安いです。

 

キャッシングの場合、利息が・・・・と心配する人もいますが、実はキャッシングの利息は
あなたが思っているほど高くありません。

 

迅速な審査・融資ができるオススメのローン会社

 

一般的に個人でお金を借りる場合、大体1万円〜10万円を借りる方がとても多いです。

 

今はどの業者も1万円から借りれるところがありますが、1,000円から借りれる所
といえばあの有名なアイフル!

 

このような大手のサービスを利用すればとてもお得で安心ですよね。

 

ちなみに私の場合は、30日間無利息というサービスがあったのでプロミスを選びました。

 

他にもオススメの個人向けのローン会社はあります。

 

一昔前は、消費者金融など大丈夫なのとか言われていましたが、現在ではどこの会社も
銀行や上場企業の傘下に入っているので安心感が違います。

 

また、どこの会社も迅速な審査から融資をしてくれると評判です。

 

ただこれらのサービスを利用する場合、その利用目的はと聞かれたら「生活の補助」と
正直に答えると借りれないので「買い物」「レジャー」といいましょう!

 


ところで、お金を借りた場合の利息って高いの?

2010年6月に改正貸金業法でグレーゾーン金利が廃止され、
10万円以下の金額を借りる場合の金利上限は20%までと定め
られました。

 

大手消費者金融は18.0%を上限金利としているところが多い
ので、実質年率18%で1万円、2万円、3万円、5万円、10万円
を借りた場合の利息をシュミレーションをしてみたいと思います
のであなたがお金を借りるときの参考にして下さいね。

 

まずは、その前に利息の計算方法を覚えておきましょう。

 

利息 = 融資額 × 実質年率 ÷ 365日 × 借りた日数

 

小数点以下は切り捨てです。

 

 

 

1万円お金を借りた場合の利息の計算

 

例えば、1万円を実質年率18%で、借りた日数を30日とします。

 

10,000円(融資額)×0.18(実質年率)÷365日×30(借りた日数)=147.9452・・

 

1円未満は切り捨てとなるので、147円になります、安いですよね。

 

1万円を実質年率18%でキャッシングした場合の利息

借りる金額 実質年率 借りた日数 利息額

 

 

 

 

10,000円(1万円)

 

 

 

 

 

 

 

 

18%

 

 

1日

4円

3日

14円

5日

24円

10日

49円

30日(1ヶ月)

147円

 

同じように2万円借りたの場合の利息の計算をしてみましょう!

 

例えば20,000 × 0.18 ÷ 365日 × 30 = 295.89・・・となり、小数点以下は
切り捨てられるので利息は295円になります。

 

消費者金融で2万円を30日間借りたとしても利息はたったの295円なんです。

 

2万円を実質年率18%でキャッシングした場合の利息

借りる金額

実質年率

借りた日数

利息

 

 

 

20,000円(2万円)

 

 

 

18%

1日

9円

10日

98円

30日(1ヶ月)

295円

60日(2ヶ月)

591円

90日(3ヶ月)

887円

 

どうですか?あなたが思っているよりずーと利息は安いと思いませんか?

 

2万円を90日後に返済するとしても、利息は1,000円以下なんです!

 

同じように3万円借りたの場合の利息の計算をしてみましょう。

 

3万円を実質年率18%でキャッシングした場合の利息

借りる金額

実質年率

借りた日数

利息額

 

 

 

30,000円(3万円)

 

 

 

18%

1日

14円

3日

44円

5日

73円

10日

147円

30日(1ヶ月)

443円

 

5万円を実質年率18%でキャッシングした場合の利息

借りる金額

実質年率

借りた日数

利息

 

 

 

50,000円(5万円)

 

 

 

18%

1日

24円

5日

123円

10日

246円

20日

493円

30日(1ヶ月)

739円

 

上のシュミレーションを見てもらえば分かると思いますが、5万円借りても
予想していたよりも、安い利息でお金を借りられる事が分かると思います。

 

5万円を30日間借りても利息は1,000円以下で済みますから!

 

10万円を実質年率18%でキャッシングした場合の利息

借りる金額

実質年率

借りた日数

利息額

 

 

 

 

 

100,000円

(10万円)

 

 

 

 

 

18%

1日

49円

3日

147円

5日

246円

10日

493円

15日

739円

20日

986円

30日(1ヶ月)

1,479円

 

実質年率がもっと低く借りられれば利息はもっと安くなりますが、10万円以下の場合は
大体どこも上限(4.8%〜18.0%の場合だったら18.0%の方)のようですね。

 

ちなみに、プロミスで借りれば30日間無利息なので、給料日当日(借りた日から30日以内)
に返済できれば、10万円借りても利息0円なのでお得ですね!


☆ お金がいる時頼れると評判で人気のキャッシング!☆